So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新生銀行ATM手数料有料化対策 [お金]

ATM手数料が24時間365日無料という『神』銀行である新生銀行が、手数料有料化になるという。これまで財布代わりに便利に使っていましたが、対策が必要なようです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

ゼロ金利の影響はメガバンクを中心に銀行業に多大な影響をもたらし始めているようです。

このままだと街中の銀行はそのほとんどが姿を消すかもしれません。

本業である金融での収益が悪化する中、各行は手数料を値上げすることで収益改善を目論んでいるようです。

しかしながら、預金者としても銀行預金での利息がほぼゼロにもかかわらず、その何十倍もの手数料を
支払い続けることは、なかなか厳しいものがあります。

そこで、この状況で通常利用に耐えられる代替案を考えざるを得ません。

現在多くの銀行では、預金額の金額や取引商品によって、ATM手数料や他行への振り込み手数料を月何回といった条件を付けて無料としています。

それら条件のハードルが結構高い割には、ATM手数料は月1回~3回程度までとか、これまでの新生銀行の無料とは使い勝手が違います。

比較的ハードルが低く、ATM手数料無料回数もそこそこで、他行への振り込み手数料無料回数も十分であると思われる銀行があります。

それは、住信SBIネット銀行.の「スマートプログラム」でランク3を獲得することです。
Screenshot_20180502-103750.jpg

このランク3を獲得するためには様々な条件がありますが、預金残高がほとんどない方でも比較的簡単なのは、預金残高1000円で、下記の3つをクリアすることです。

①外貨預金の残高がある
→これは外貨普通預金であれば1ドル以上から可能なので、100円ちょっとの資金で可能です。もちろん口座作成や維持費は無料です。
②SBIハイブリッド預金の残高がある
→SBI証券口座への資金口座ですが、これも金額の最低額はないので、残高があればOK。こちらも口座作成や維持費はかかりません。
③給与受取口座に指定
→これも当然手数料や維持費はかかりません。

③の「給与受取」の設定ができない場合は、「純金積立」という手があります。

月々1000円からの積み立てが可能です。価格変動リスクや買い付け手数料(1000円で25円)かかりますが、純金なので株式などと違って紙切れ(ゼロ)になることはあり得ません。

1000円の純金積立をやって年間の買い付け手数料は、全部で300円しかかかりません。

これでランク3が獲得できて、月7回のATM手数料と月7回の他行宛振込手数料が無料になるのであれば、安いものです。

SBI銀行も今後条件が変更される可能性もありますが(実際に6月に一部変更があるようですが・・・)現状では、ベストかと思われます。

支払い方法の多様化やポイント制など、現金以外の決済方法が氾濫する中、「ちょっと面倒」「ちょっと手間」を乗り越えて、賢く行きたいところです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(12)  コメント(0) 

他行宛振込手数料を無料にする方法 [お金]

今年も早3か月が経過し、いよいよ新年度が始まりました。年度替わりは何かと支払いの多い時期。銀行振込で支払うケースも多く、取引銀行以外の振り込み先は、数件の振り込みで手数料も数千円になるケースもあります。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

振込手数料を最小限に抑えたい、または無料で乗り切りたい。

それを実現するのは、ネット銀行などのハードルの低い「特典」を活用することです。

「口座残高100万円で他行宛振込手数料が1回無料」というようなものもありますが、そんな条件をクリアできる資金もない場合でも下記の口座ならOKです。

①新生銀行
ここは、口座を持っていれば無条件で月1回他行宛振込手数料が無料で利用できます。
また、コンビニなどATM出金手数料も24時間365日無料ですので、手数料節約の筆頭と言えます。

②住信SBIネット銀行
ここも口座を持っていれば無条件で月1回他行宛振込手数料が無料で利用できます。
ちなみにATM出金手数料は、月2回まで無料です。

こちらの2行ですが、預金残高や積み立て定期預金、外貨預金、純金積み立て、投資信託など、取引内容により無料回数はランクごとにどんどん増えていきます。が、ポイントは、無条件(口座を持っているだけ)で他行宛振込手数料が無料なるということです。

無条件とは言えませんが、ハードルの低いところでは「イオン銀行」でしょうか。
今月より「Myステージ」がスタートして、取引内容により他行宛振込手数料が無料になります。

例えば、「シルバーステージ」というランクになると、他行振込手数料が月2回無料となります。

その「シルバーステージ」になるためには「イオン銀行スコア」が50点以上必要です。

50点にするためには例えば、
イオンカードセレクトカード(キャッシュカードとクレジットカードが一体になっている年会費無料カード)の契約で10点。インターネットバンキングの登録(無料)で30点。積立式定期預金の口座振替で10点。これで50点で「シルバーステージ」となります。

積立式定期預金の口座振替は月5千円からですが、年利は現在0.15%とかなりハイレベルです。

シルバーステージの特典は、他行宛振込手数料が月1回まで無料の他、他行ATM手数料月2回まで無料や普通預金金利が0.1%となります。現在この普通預金金利はトップレベルです。

これらの口座や特典を最大限活用することで、他行当ての振込手数料を無料にすることは可能なのです。

手続きは、スマホやパソコンですべて完結しますので、ほとんど手間はかかりません。

金利で稼げなくなった銀行が、あの手この手で手数料を請求してきますが、払う側もあの手この手で手数料を節約したいものです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(10)  コメント(0) 

ゆうちょ銀行への振込手数料回避策 [お金]

先日「ゆうちょ銀行」に振り込んで欲しいとの依頼がありました。ゆうちょ銀行の口座を持っておらず、振込手数料も払いたくなかったので、郵便局のATMで現金で振り込もうと思いました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

ATMで「振込」を選択すると・・・

ゆうちょのキャッシュカードを入れるよう指示が。

操作を間違えたかと思い最初からやり直してみても、「カード」しか選択肢がありません。

この時点で気が付きました!ゆうちょATMでは現金の振り込みができなかったのです。

ゆうちょ銀行の口座を持っている人は「あたりまえ」なのかもしれませんが、一般銀行のATMでできることができないとは!知らなかったことに1度目の「ショック」を感じました。

気を取り直して、窓口に行くことにしました。

「ゆうちょ銀行に3000円の振り込みをしたい」と申し出たところ、「振込手数料は540円です」との案内。

ここで、本日2度目の「ショック」を感じました。

普通の銀行でも他行への振り込みは手数料を取られることは理解できますが、3000円の振り込みで20%近くの手数料を取られるなんて・・・

ATMも受け付けず、窓口で高額の手数料を取る・・・。そんな理不尽さを感じつつ、何とか無料で振り込む方法はないかと・・・。

そもそも、ゆうちょ銀行の口座番号は「記号番号」という普通の銀行と違う番号体系であることが問題なのですが、調べてみると次のことが判明しました。

①ゆうちょ銀行の「記号番号」は、変換できる
②変換した番号を使うと普通の銀行で振込手続きができる

これができるのであれば、ネット銀行の「他行への振込無料枠」を使って、振り込めるのではないかと。

早速やってみることに。

①の変換ルールは、ゆうちょ銀行の「記号」部分の数字の2桁目の数字、3桁目の数字そして「8」を並べた3桁の数字が、銀行の支店番号に当たる数字になります。ゆうちょでは「店番」という。

最後の「8」は、普通預金のことで、当座預金の場合は「9」になるそうです。

2桁目が「0」で3桁目が「3」の場合は、「038」となります。

この店名の発音は「ゼロサンハチ」店となるので、銀行の支店名検索の際は、「セ」で検索するとヒットします。

また「口座番号」は「記号番号」の後半部分の数字の最後の「1」を取った数字がそのまま口座番号になります。最後の「1」は共通の数字だそうです。何のためについているかは不明。

これで、ネット銀行でやってみました。

見事、手数料0円にて、振込手続き完了できました。

今回は、住信SBIネット銀行を利用しました。

この銀行は、口座を開設するだけで、コンビニなどATMご利用(引き出し)手数料月2回無料、他の金融機関あての振込手数料月1回無料という、特典があります。

取引状況によりその回数は増えていく仕組みです。

たかが540円かもしれませんが、銀行預金利息が限りなく0に近く、今後口座管理手数料も取られるかもしれない状況の中では、決して少なくない金額かと思われます。

「知っているか、知らないか」塵も積もればなんとやら。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(10)  コメント(0) 

銀行の金利と手数料 [お金]

日銀がマイナス金利政策を始めてから1年余りが経過しました。他行へ振込しなければならなくなり銀行の窓口に行くと・・・金利の低さよりも手数料の高さを実感しまいた。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

知人から現金と請求書を預かって、銀行振込するよう頼まれました。

このような状況になると銀行の窓口に行って、手続きをしなければならなくなります。

普段は銀行の窓口に行く機会はほとんどなく、インターネットの時代、窓口はガラガラかと思いましたが、これが結構混んでいるのですね。

大手銀行の振込手数料は、ほぼ横並びで、他行あてのものでもだいたい400円程度かなと思っていましたが、なんと3万円以上の金額では、864円也。

いつからこんなに高くなったのでしょうか?

今回は振込先が2件あったので、1728円。

実際に払うとなると、ちょっとためらってしまう金額です・・・。

ところで、大手銀行の普通預金の金利は現在0.001%という数字です。

普通預金に1年間預けて、この手数料を金利で充当しようとするといったい、どのくらいの金額を預金しなければならないのでしょうか?

1年間の手取り金利は、0.001%から税金分20.315%くらいを差し引いた分となりますので、

1728円÷0.001%×(100-20.315%)=1728÷0.00079685=2,168,539円

2百万円以上の資金を1年間銀行に預けなければ、このたった2件分の振込手数料分をまかなえない、ということになります。

「庶民の銀行金利はマイナスにならない」と言われていますが、実質は、手数料を支払って銀行にお金を預かってもらっている、という状態ですね。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







電力自由化で電気代は安くなっているのでしょうか? [お金]

2016年4月より始まった電力自由化ですが、選択する会社や使用状況により、今までより値上げになるケースも想定される中、果たして実際の電気代は安くなったのでしょうか?

スポンサーリンク



つづきはココから↓

「ENEOSでんき」に契約変更してから9か月経過しましたが、5%程度安くなるであろう電気代は、どうなっているのか?

そんな中、「ENEOSでんき」から「電気代お得額ご報告書」という手紙が届きました。

東京電力のままの電気代と変更後の電気代を比較して5月~12月のお得額実績で1年間で合計どのくらい安くなったかを知らせる通知です。

それによると、「1年間で、4181円のお得になる見込み」、となっていました。
DSC_4389.jpg

これに早割申し込みの特典で数千円とTポイントもたまっているので、やはり結構な金額、安くなっているようです。

銀行預金の金利が、0.001%の時代。ちりも積もれなんとやら。これで1回飲みに行けますね。

契約変更はPCで5分もかかりません。その他の手数は全くかからずこれだけお得になるのであれば、やらない手は無いかと思われます。

当然ながら電気の「質」などは、東京電力との契約と全く変わりません。

支払先が変わるだけ、ということになります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







5月1日から免税限度額が引き下げられた! [お金]

2016年5月1日より日本の消費税免税制度が拡充されました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

今までは、一般品目と呼ばれる電化製品や宝飾品、民芸品など1つの店で1日税抜10,001円以上買わないと、免税対象とはなりませんでしたが、5月1日より、その金額が5000円以上に引き下げられました。

日本に住んでいる人にとってはあまり興味がない話なのでしょうが、消費全体が増えてお金が廻り出せば少なからず、良い影響が出てくるかもしれません。

消費税が10%になれば、なおさら免税の価値が高まるでしょう。

訪日外国人が、地方の小さな店でも買い物をするようになれば地域の活性化にもつながりますね。

外国人が日本での消費を増やし、経済が廻り、日本人の所得が増え、消費がさらに増える。そんな好循環が生まれるのでしょう。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







電力自由化が始まる!早速「ENEOSでんき」に申し込んでみた! [お金]

いよいよ4月から電力自由化が始まります。せっかくの機会なので、「ENEOSでんき」に申し込んでみました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

切替可能な電力会社は地域によって違うようです。また、どのようなライフスタイルかによって、最適な電力会社は変わってきます。

契約アンペア30Aで、年間の使用量が5000kWh程度の当家では、実質支払額が最も安いであろう「ENEOSでんき」に決めました。

この「ENEOSでんき」を最安で申し込むための手順は、次の通りです。

①自己アフィリエイトができる「A8.net」にアクセスする
②未会員の会員登録(無料)して、「セルフバック」のページに移動
③検索で「ENEOSでんき」を表示させ、「詳細を見る」→「セルフバックを行う」をクリック
④ 「ENEOSでんき」のHPにアクセスできるので、そこから申し込み手続きをする

この手順にするだけで、成果報酬の1000円が手に入ります。これは「ENEOSでんき」が正規に承認している自己アフィリエイトのプログラムなので、何の問題もありません。

自己アフィリエイトでもポイントサイト(ハピタスなど)を使うと、500円分のポイントしかもらえませんので、こちらの方が有利です。

「ENEOSでんき」は、3月31日までの新規申し込みで、最初の料金支払い時に2000円減額されるという特典があります。

さらに2年契約にすると、1kWhで0.20円(20銭)の割引もあります。3年目以降は30銭になります。

1年で5000kWh使うのであれば、年間1000円の割引になります。ちりも積もれはなんとか、です。

また、ENEOSなのでTポイントも0.5パーセントですが、たまります。年間10万円くらい払うのであれば、500ポイント(500円分)たまります。(ガソリンの割引を選択することもできます)

「ENEOSでんき」のホームページからの申し込みであれば、15分程度で入力は完了します。

当然、基本料や単価も東京電力よりは安く設定されています。

以上を総合すると、何もしないで東京電力を使い続けるより、初年度は理論上年間1万円ぐらい節約になる見込みです。

果たして、想定通り支払額を減額できるか、結果が楽しみです。

意外な落とし穴があるかもしれませんが・・・?




人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







電力自由化が悩ましい!どの会社を選ぶかそろそろ考えてみた。 [お金]

2016年4月より電力自由化が始まります。既存の電力会社から変更しなくても電気が使えなくなることはないので、そのまま様子見という人も多いと思いますが、各社どんなプランがあるのか見てみました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

ホームページには、電力自由化に向けて、様々な電力供給会社を比較するためのサイトが立ち上がっています。

住んでいる地域や契約アンペア数、直近の東京電力の使用量や料金、それとどんな生活を行っているかを入力すると、どの会社と契約したらどれだけ節約できるのか、というのが表示されるのです。

しかし、各社の様々な割引プランやポイント割引、何かと抱き合わせによる割引など、単純に金額だけで比較できません。

これは、結構悩ましいところです。

年間の月別電力使用量や月別料金は、東京電力の「でんき家計簿」を見ると傾向が判るのですが、日々の使用量の中身はわかりません。(例えば、昼間と夜間や、平日と休日によってどのように違うのか)

そのあたりがデータとしてわかりませんので、夜間割引などを設定している会社はちょっと実態と違うかの知れないので、あまり参考になりません。

ポイント割引や、早割などプラスアルファの割引も長い目で見れば、無視しても良い感じです。
そのような「おまけ」に惑わされると、なかなかどれが一番お得なのかがわからなくなってしまいます。

そこで、このような比較の時には、基本となる数値(単価)で、毎月どのくらい使うのかをベースに計算するのが、最もわかりやすく、失敗しないやり方であると考えました。

以下、基本数字(円)をまとめてみました。(24時間同一料金での比較です)尚、基本料は30Aの場合の数字です。

会社    基本料  区分
東京電力 842.40 120kWh以下:19.52   120超~300kWh:26.00  300kWh超:30.02
東京ガス 842.40 140kWh以下:23.24   140超~350kWh:23.45  350kWh超:25.43
ENEOS  842.40 120kWh以下:20.76   120超~300kWh:23.26  300kWh超:25.75
東急    788.40 120kWh以下:19.41   120超~300kWh:25.88  300kWh超:29.03

このデータを元に当家の実態に照らし合わせてみると・・・

基本料の違いは、50円ちょっとなので無視できる範囲です。

当家では、真夏や真冬時の通常電力を最も使う時期は、300kWh超となり電気代が跳ね上がるので、そこを抑えるためには、東京電力と東急は外れることになります。

東京ガスとENEOSの違いは、最初の電力区分が違うこともあって単純比較できません。

当家の使用量の平均を350kWhに設定すると、1年間の使用量合計は、
東京ガス8178.1円、ENEOS 7965.5円という結果になります。

これを300kWhで計算すると、
東京ガス7005.6円、ENEOS 6678.0円という結果になります。

つまり350kWhを超えたとしても、この2~3百円の差は、あまり縮まらず、ENEOSがお得か、という結論に達します。

そして、最後に「おまけ」の比較です。

東京ガスは、ガスセット割りという割引があり毎月270円、1年間で3240円割引になります。
それとパッチョポイントというのがあってTポイントなどにできます。初年度は1000ポイントと電力量の1.5%、年間84000なら、1260ポイント、合計2260ポイント=2260円分のポイントが付きます。

一方、ENEOSは、3月31日までの申し込みで、1回目の請求額から2000円差し引かれます。やはりポイント還元もあり、Tポイントも0.5%(約420円相当)たまります

初年度に関して考えれば、トータルENEOSに軍配が上がる結果となります。僅差ですが・・・。

2年目以降は、別の結果になるのでしょうが、他社でも違ったプランが出てくることも考えられます。

今までの携帯電話と違って、解約手数料なるものは設定されていないようですので、1年ENEOSで契約してみて、その次はまた考えるといった手法が良いような気がします。

それにしても、電力自由化になって悩ましいことが増えたような気がするのは、私だけでしょうか!?

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







マイナス金利時代で最も賢い選択か?決済用普通預金というのがあった! [お金]

マイナス金利が導入されて、家庭用金庫が爆発的に売れているという。将来個人の銀行預金もマイナス金利となって、銀行に預金しているとお金が減っていくという恐れがあるからです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

金庫が売れるというのは、それはそれで「経済効果」と言えるのかもしれませんが、いざ購入しようとすると数万円するのですね。

今、1000万円の普通預金があったとして、メガバンクの普通預金金利は0.001%。1年間で100円の利息です。
ここから税金が引かれます。今は税率20.315%なので、100円×20.315%=80円弱です。ほぼ金利ゼロに等しいのです。

預金引き出しや振り込み手数料が値上げされる中、銀行に預けておく魅力がどんどんなくなっているのも事実です。

だからと言って、数万円もする金庫を買って自宅に現金を置くことが得策かというと、盗難のリスクが増えるだけでなく精神的にも良くないですよね。金庫のカギをどこに保管するかとか、暗証番号を忘れてしまうとか、悩みが増えます。

利回りで考えればデパートの積み立てなども良いのでしょうが、使い道の自由が利きません。

そこで、良い方法があるのに気がつきました!

それは、銀行の「決済用普通預金」というものです。

決済用普通預金とは、「無利息・要求払い・決済サービスを提供できること」という3要件を満たす普通預金のことです。個人でも法人でも1円から預金できるものです。利息が無い以外は普通預金と同じものです。

この「無利息」という要件は、マイナス金利時代では、メリットとなるのです。普通預金金利がマイナスになったとしても「無利息」である以上、マイナスも無しということになります。

さらにこの決済用普通預金の最大のメリットは、ペイオフの対象外であること。1千万円を超える預金があったとしても全額保証されるのです。

通常の普通預金では、銀行が万が一破綻した場合は、預金は1000万円までしか保証されないのです。

マイナス金利時代、負の影響がどのように出るのかわかりませんが、場合によっては銀行が破綻する(規模が大きくても小さくても)時代が来るとも限りません。

この決済用普通預金は、普通預金からの切り替えなど簡単な手続きで切り替えが可能なようです。

お金をかけて金庫を買って、リスクのあるタンス預金にすることと、正反対の対抗策なのかなあと思います。

お金がかからず、リスクがゼロで、目減りしない(マイナス金利が無い)。

本当に銀行預金にマイナス金利が適用される前に、賢い選択を!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







マイナス金利政策が始まった!一般庶民の対抗策はこれだ! [お金]

2月16日より日銀のマイナス金利政策が正式に始まります。「一般庶民にはあまり関係ない話」「預金金利が下がるといっても元々低いので・・・」と思っているととんでもないことになるかもしれません。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

銀行の預入金利が下がっても個人口座の金利がマイナスになることはない、と言われていますが実際スイスでは、個人の預金金利がマイナスになっているのが現実です。

日本ではいきなりマイナスにはならないのでしょうが、可能性はゼロではないようです。

その前に確実に上がるのが、ATM手数料などの手数料。今は、条件によって月何回かは無料というようなことになっていますが、これは金利とは関係なく簡単に値上げすることは可能なのでしょう。

金利が下がれば銀行にお金を預ける人は少なくなりますが、銀行側もお金を預けられても日銀に手数料(マイナス金利)をとられるので、預金を集めたくないのです。

するとどうなるか?銀行の業績は悪くなるのは誰にもわかることです。

一般庶民にとって銀行にお金を預けることがデメリットになるのです。

しかしながら個人で現金で持っているということは、保管する場所などそれなりの費用がかかり、リスクを伴います。

さらに、銀行預金が無いとクレジットカードが使えず、ネットショッピングなどができなくなってしまうのです。

ネット時代に、クレジット決済ができなくなることは、ほぼ生活ができなくなる、ということと等しいことです。

ならば、どう対抗するか?

それは、すばり、電子マネーとポイントの活用です。

現金をTマネーなど電子マネーに変えて持つことです。

金利はつきませんが、手数料は取られません。提携店で使えばポイントがたまり、1%以上の利回りを得ることができます。

しかもネットショッピングも電子マネーで決済できるのです。

また、ドンキホーテグループの電子マネーは、チャージするだけで1%~5%のチャージポイントがもらえるのです。さらに、グループ内のドイトの店でその電子マネーを使うと利用ポイント1%も加算されるということになり二重取りができます。

このような電子マネーを複数持つことで、銀行預金やクレジットカードが無くても生活していくことは十分可能なのです。

マイナス金利の時代に入りましたが、現金とか銀行ありきの生活を見直す良い機会かもしれません。

給料の受け取りも現金か電子マネーか、とどらか選べる時代が来るかもしれませんね!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク