So-net無料ブログ作成

銀行手数料無料化&利息最大化計画 ネット銀行活用術 [お金]


老後30年間の生活資金に年金以外で夫婦で2000万円の貯蓄が必要との話題。
どうなるかわからない将来のことを思い悩むエネルギーがあるのであれば、今、この瞬間を精一杯生きることに使いたいものです。
スポンサーリンク



超低金利の現在、預金しても利息はほぼ付かず、ATM手数料がどんどん上がっています。

現在メガバンクに100万円を1年定期に預けても利息0.01%の場合、100円にもなりません。

一方、ATMで引き出すと、無料条件を満たさないと数百円の手数料を取られる。

その無料条件も年々ハードルが上がっているのです。
スポンサーリンク





そのような現在ですが、ハードルの低いネット銀行を使いこなすことによって、手数料無料化&利息最大化が実現できるのです。

まずは定期預金。ズバリ「オリックス銀行」です。金利は月2回ほど見直しがありますが高水準を維持しています。

当面使わない資金(100万円以上)であれば、5年定期。2019年6月上旬は、なんど、0.35%。メガバンクの35倍です。

そして、1ヶ月以内に使うかもしれない資金(50万円以上)であれば、2週間定期がおすすめです。2019年6月上旬金利は、0.1%。メガバンクなど普通預金金利は現在0.001%なので、100倍です。

この2週間定期では使う予定がなければ、満期時の処理を「元利自動継続」にしておくと、何も手間がかからず、自動的に定期預金が作られていきます。

使う予定が生じたら、処理を「満期解約」に変更します。満期が来たら普通預金に入りますので、そのまま他行宛振込手続きをします。他行には翌営業日に着金となりますが、振込手数料は月2回まで無料です。

これらの手続きは、すべてスマホで数秒で完了します。

銀行定期預金で少しでも金利が良いところを探している方は是非ご検討ください。

次は、日々使用する「お財布口座」についてです。ズバリ「住信SBIネット銀行」です。

この銀行も毎月の取引状況によってランク付けされ、ランクが上がるごとにコンビニATM手数料や他行宛振込手数料の無料回数が決定されるのです。ランクアップのハードルはかなり低いと思います。

ただ口座を持っているだけですと「ランク1」になります。
ランク1でもATM手数料は月2回、他行宛振込手数料は月1回無料となります。

そしてランク2になれば、ATM手数料は月5回、他行宛振込手数料は月3回無料となります。
普通の生活?をしていれば、この回数があれば十分かもしれません。

ランク2になるための条件で最も簡単で、資金を必要としないものは、次の通りです。
1.外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
2.SBIハイブリッド預金の月末残高あり

外貨預金と聞くと「リスクが・・・」と思われがちですが、月末残高があれば良いのです。
具体的にはアメリカドルを1ドル(約108円)で購入しておけばこの条件がクリアされます。
例えアメリカドルが現在の半額になったとしてもリスクは50円程度ということになります。

ハイブリッド預金とは、SBI証券の証券口座に連動している普通預金というようなものです。
SBI銀行口座を作るときに一緒にSBI証券口座も作れますので、同時に作っておくと便利です。
SBIの銀行口座とハイブリッド口座とのお金の移動は「振替」という手続きで、スマホで瞬時に手数料無料で何回もできます。

このハイブリッド口座に毎月少しでも残高を置いておくと外貨預金と合わせてランク2の条件がクリアされます。

もう少し無料回数が必要な場合は、ランク3をクリアする必要があります。
ランク3ですと、ATM手数料は月7回、他行宛振込手数料は月7回無料となります。これだけ無料回数があると結構余裕です。

ランク3に上がるための条件は、ランク2の条件にたった1つ追加すれば達成でsきます。

おすすめなのが、「純金積立」の契約です。

「金の買い付け」というと「高額」「リスク」と思い浮かべるかと思いますが、SBI銀行の純金積立は、月1000円の定額で積み立てることができます。

1000円分の買付手数料は、25円です。

毎月1000円分で買える「金」を買って積み立てていきます。金の相場によって1000円で買える重さが変わってきます。金1g単位で換金もできます。

投資と言えば投資なのでしょうが、「純金を持っている」という話題性や楽しみもありますよ。

一度口座を作ってしまえば手間もかかりません。

銀行手数料は極力払わず、預金利息を最大限獲得する。1件1件は数百円の話なのかもしれませんが、数年間単位で考えた場合、決して小さくはないと思います。

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク

nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント