So-net無料ブログ作成

他行宛振込手数料を無料にする方法 [お金]

今年も早3か月が経過し、いよいよ新年度が始まりました。年度替わりは何かと支払いの多い時期。銀行振込で支払うケースも多く、取引銀行以外の振り込み先は、数件の振り込みで手数料も数千円になるケースもあります。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

振込手数料を最小限に抑えたい、または無料で乗り切りたい。

それを実現するのは、ネット銀行などのハードルの低い「特典」を活用することです。

「口座残高100万円で他行宛振込手数料が1回無料」というようなものもありますが、そんな条件をクリアできる資金もない場合でも下記の口座ならOKです。

①新生銀行
ここは、口座を持っていれば無条件で月1回他行宛振込手数料が無料で利用できます。
また、コンビニなどATM出金手数料も24時間365日無料ですので、手数料節約の筆頭と言えます。

②住信SBIネット銀行
ここも口座を持っていれば無条件で月1回他行宛振込手数料が無料で利用できます。
ちなみにATM出金手数料は、月2回まで無料です。

こちらの2行ですが、預金残高や積み立て定期預金、外貨預金、純金積み立て、投資信託など、取引内容により無料回数はランクごとにどんどん増えていきます。が、ポイントは、無条件(口座を持っているだけ)で他行宛振込手数料が無料なるということです。

無条件とは言えませんが、ハードルの低いところでは「イオン銀行」でしょうか。
今月より「Myステージ」がスタートして、取引内容により他行宛振込手数料が無料になります。

例えば、「シルバーステージ」というランクになると、他行振込手数料が月2回無料となります。

その「シルバーステージ」になるためには「イオン銀行スコア」が50点以上必要です。

50点にするためには例えば、
イオンカードセレクトカード(キャッシュカードとクレジットカードが一体になっている年会費無料カード)の契約で10点。インターネットバンキングの登録(無料)で30点。積立式定期預金の口座振替で10点。これで50点で「シルバーステージ」となります。

積立式定期預金の口座振替は月5千円からですが、年利は現在0.15%とかなりハイレベルです。

シルバーステージの特典は、他行宛振込手数料が月1回まで無料の他、他行ATM手数料月2回まで無料や普通預金金利が0.1%となります。現在この普通預金金利はトップレベルです。

これらの口座や特典を最大限活用することで、他行当ての振込手数料を無料にすることは可能なのです。

手続きは、スマホやパソコンですべて完結しますので、ほとんど手間はかかりません。

金利で稼げなくなった銀行が、あの手この手で手数料を請求してきますが、払う側もあの手この手で手数料を節約したいものです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(10)  コメント(0)