So-net無料ブログ作成
検索選択
テクノロジー ブログトップ

Google「ローカルガイド」に参加してみた [テクノロジー]

Googleによると、「ローカルガイド」とは、「Google マップで写真を共有したり、地域に関する質問に回答したり、場所の追加や修正をしたり、またはクチコミを投稿したりするユーザーの世界的なコミュニティ」という説明になっています。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

旅行者が、目的地で「ローカルガイド」の投稿を参考に、施設やレストランやお店を選ぶというのです。

そして、それらを利用した人が「ローカルガイド」として、その写真や感想など追加情報を投稿するという流れです。

サービス提供者からの一方的な情報ではわからない「くちこみ情報」を地球規模で共有するということです。

このような利用者の声である「口コミ情報」は、知らず知らずのうちに「あたりまえ」になりつつあります。

何か欲しいものがあったり、やりたいことがあれば、無意識のうちにこのような口コミ情報を確認するようになっています。

すでに、なくてはならない存在になっているような気がします。

ローカルガイドは、このような口コミ情報の利用者から発信者になるためのハードルを低くした仕組みのように思われます。

誰でも気軽に情報発信することができるということ。その情報発信は、自分のためではなく他人のためのもの。他人のメリットとなる情報を発信することに満足感を感じるという、オールハッピーの発想です。

この「ローカルガイド」に参加してみて、ちょっと驚いたことがあります。

それは、過去に自分が訪れた場所や施設が詳細に羅列、表示されるのです。

自分でも忘れてしまっている過去の自分の行動(いつどこを訪れたか)があらわになっています。

何か月前とか何日前とかだいたいの日付になっていますが、実際の情報は秒単位で記録され、当然のことながらその情報は、Googleが持っているということになります。

スマホの位置情報をONにしておくことで、Googleマップに登録されている施設などとリンクさせ、毎日の行動(何時にどこに行ったのか)がGoogleに報告されているのです。

ちょっと気持ち悪い感じです。

監視カメラで24時間365日録画されているようなものです。

この「録画」を閲覧するためには、Googleの個人アカウントにログインできれば、だれでも見られてしまう状況です。

世のため人のため自分のためのオールハッピーな「道具」であるはずの「ローカルガイド」は、使い方次第では恐ろしい道具になるのかもしれません。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







モノのインターネットの時代 [テクノロジー]

インターネットの技術は、ヒトの情報通信のために使われてきましたが、「モノ」がインターネットに接続され、「ヒト」が「モノ」にコントロールされる時代が、すぐそこまで来ているようです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

モノのインターネット、「IoT」がどんどん進化しているようです。

家電製品の遠隔操作など、一見便利と思われる技術ですが、今後すべての「モノ」がインターネットに接続されると「便利なものも不便」になっていくのでしょう。そんな気がします。

例えば冷蔵庫がインターネットに接続され、庫内に何が入っているのか、どのくらいの期間入っているのか、などがセンサーによりデータ化されるとします。

そのデータは人工知能(AI)により解析され、その冷蔵庫を使う「ヒト」の家族構成や嗜好品、好き嫌いや収入なども分かってしまうかもしれません。

そのデータのフィードバックは、冷えたビールが少なくなれば、自動的にネット通販で発注され、自宅に届けられるかもしれません。IoTの便利な部分です。

冷蔵庫内の情報は、本来自分しか知らないまさにプライベートの情報です。

他人には知られたくないものもあるのでしょう。

それがデータ化されAIにコントロールされるというのは、何となく気持ちの良いものではありません。

インターネットに接続された小さなセンサーというのもすでにあります。

そのセンサーは振動により発電をして無線電波を飛ばせるものです。

電池不要なので、ほったらかしでも半永久的に動作するのです。

絶滅危惧種の生物などに取り付ければ、生態研究などに有効なのでしょう。

「ヒト」がそれを持てば、すべての行動がデータ化されてしまうのです。AIにより行動のアドバイスを受けるというようなこともあるのでしょうが・・・。

知らずに持たされてしまえば、いつどこで何をしたかなど、やはりプライベートがあらわにされます。

これも気持ちの良いものではありません。

便利が不便になるのです。

「IoT」も一つの「道具」という考えのもと、使い方には十分注意が必要のようです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







固定電話はすでに固定されていない! [テクノロジー]

NTTが2025年ぐらいに従来の固定電話の通話料を大幅に下げると言っています。その背景として設備の老朽化でインターネット回線を利用するのだそうです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

「ナンバーディスプレイ」というサービスを利用していると、固定電話にかかってくる電話番号を表示することができます。

電話機によっては、番号非通知の電話や公衆電話からの電話を着信しないようにしたり設定ができます。

これは、「関係ない電話」を受けない、排除するための仕組みです。

「関係ない電話」というのは、セールスの電話など迷惑電話のことです。

あらかじめわかっていれば、その電話番号の着信拒否をすることができますが、セールスの電話は次から次へと掛かってきます。

その「関係ない電話」と思われる電話番号の見分け方としては、次のような固定観念を持っていました。

0120(フリーダイヤル)概ね通販のセールス
050(IP電話)これもセールスがほとんど
090 080 070(携帯電話)これは、迷惑電話的な(怪しい)ものが多い
03 048など(固定電話)これは、比較的安心感があり、自分に必要な可能性がある

まあ、固定電話の番号がやはり安心感は、あるのです。

ところが、この「固定電話の安心感」は、実は固定観念で、実際には「固定されていない」場合もあるのだ、ということがわかりました!

このような固定電話の番号も、今では簡単に携帯電話に入れて、持ち歩くことができるのというのです。

「固定電話の安心感」を逆手に取った現代のサービスです。

SMSが受信できる携帯電話機とクレジットカードがあれば、すぐに03や048の電話番号を携帯電話で使えるようになるのだそうです。

何かの申し込みの時に、「携帯電話の連絡先では不可」という場合もあるようですが、この番号を持っていれば従来の固定電話を持っていなくても、申し込みが通ってしまうのでしょう。

NTTが固定電話の見直しを開始も含め、今後「電話番号」の考え方が大きく変わっていくような気がします。

「固定電話」という言葉自体、近い将来なくなる(死語となる)のかもしれませんね。
 
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







ビデオレコーダーのメディアは進化している! [テクノロジー]

音楽演奏の映像と音を記録に残す必要があり、その目的に一番適していると思われるソニーのHDR-MV1というビデオレコーダーを購入しました。記録媒体、メディアの進化を改めて感じました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

これまで買ったビデオレコーダ―は2台。

1台目は、「8ミリビデオ」というもので、8ミリビデオのカセットテープにアナログで録画するものです。値段は15~20万円ぐらいしたかと記憶しています。

この8ミリビデオカセットテープは、今では一般の店頭では見かけません。90分の録画で1本1000円程度だったのでしょうか?

録画された8ミリビデオカセットは、山のようにたまっていますが、すでにレコーダーは、故障してしまい廃棄してしまっています。今では、見ることもできない状態です。

8ミリカセットテープ代だけでも数万円、機械代も合わせると、ん十万円はかかっているのでしょうが、見れないというのは何とも情けないところです。

次に購入したのが、デジタルビデオ。こちらはminiDVカセットという、やはりテープカセット。8ミリビデオカセットに比べれば半分くらいの大きさになりました。

このDVカセットも90分で1000円程度。磁気テープにデジタル録画するので、情報量は多いのでしょうがやはりテープ。デジタル特有のモザイクノイズに悩まされました。

この機械の値段は、やはり15~20万円ぐらいだったような気がします。

このDVカセットもどんどんたまって、箱いっぱいにたまっています。

こちらの機械は未だ動くので、ビデオレコーダーに入れれば、動画を見ることはできます。よほどのことが無い限り見ませんが・・・。

ここまでは、画質が良くなったとか、機械やカセットのサイズが小さくなった、程度の進化だったのでしょうが、このあと劇的な進化があったのでした。

HDR-MV1のメディアはマイクロSDカードです。最近のビデオレコーダーはおそらくすべてこのようなSDカードなのでしょう。

SDカード自体も、大きさや容量がどんどん進化しています。

マイクロSDは、長さ約1.5cm、幅約1.1cm、厚さは1mmくらいで、1円玉程度の大きさです。容量も512GBというものも登場しています。理論上の最大規格は2TBだそうです。

HDR-MV1にこの512GBのマイクロSDを入れたなら、170時間録画ができる計算になります。60分録画のカセットであれば170本相当が、この1円玉1つくらいのスペースに収まるとは!

このビデオレコーダーの媒体の歴史を見ると、改めでその技術の進化の素晴らしさを感じます。

さすがに512GBのマイクロSDカードは現在10万円くらいするようですね。これもどんどん値段が下がってくると思われますが・・・。

今、1000円くらいで販売されているのは32GBのもです。HDR-MV1に入れれば、最大10時間以上のハイビジョン録画、録画が可能です。

この値段もちょうど昔のビデオカセット1本分の値段ですね。ちなみにHDR-MV1本体の値段も2万円台です。しかも手のひらサイズで140gです。

録画したデータは、簡単にPCやクラウドストレージに保存できて、メディアを買うのは1回だけです。

IT革命により、いろいろなものが便利になっていますが、このビデオレコーダーの記録媒体の進化は、身近に感じる大きな変化のひとつだと、改めて感じました!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







テクノロジー ブログトップ