So-net無料ブログ作成

ベトナムレイヨウカクの去った朝 [宇宙]

台風22号がやってきて、また10月の週末が荒れた天気になってしまいました。台風一過の久しぶりの晴天ですが、あわただしい一週間の始まりです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

ところで、カリブ海で派生する巨大ハリケーンのニュースが流れることがありますが、ハリケーン〇号などという呼び方はせず、ハリケーンの名前で報道されています。

日本のニュースでは「台風22号」などと、今年発生した順番の数字で呼ぶことがほとんどです。

台風にもそれぞれ名前があることは、皆うすうす知っているのでしょうが、名前で呼ぶということが何か文化的な背景で日本人にはなじまないのでしょうか?

ちなみに今回の台風22号は「サオラ―」という名前が付けられました。

「サオラ―」はベトナムレイヨウカクという動物だそうです。

ベトナム・ラオス国境付近に生息し、紡錘形の角をもつウシ科の動物。

「幻の動物」と呼ばれることもあり、その姿はなかなか見ることができない絶滅危惧種の動物とのことです。

台風22号がなぜ「サオラ―」と付けられたのでしょう?

気象庁のホームページにその答えがありました。

台風の名前は、台風の影響のある14カ国でつくる「台風委員会」というものがあって、そこで決められている。

その14カ国が、それぞれ台風の名前を10個づつ提案し140個の名前がリスト化されている。

リストの順番も固定されており、カンボジア、中国、北朝鮮と続き、最後はベトナムの順です。

ちなみに、日本は5番目になっています。

この順が10回繰り返され、140の名前が全部終わると、また1番目のカンボジアの名前に戻るというものです。

「サオラ―」はベトナムの10回目の名前。つまり全体では140番目に当たり、最後の名前ということになります。

台風23号が発生したら、1番目のカンボジアの名前「ダムレイ」(これは象の名前だそうです)が付けられるということです。

各国の名前を見ていると、そその国固有の動物や植物の名前を挙げているところが多いような気がしますが、日本はちょっと違っています。

日本が上げている台風の名前は、すべて星座の名前からとっています。

テンビン、ヤギ、ウサギ、カジキ、カンムリ、クジラ、コグマ、コンパス、トカゲ、ハト、の10個です。

あまりなじみのないマニアックな星座の名前もありますね。

誰がどのような意図でこのような星座の名前を選んだのでしょうか?

もっと日本独自のものがあるような気もしますが・・・。

しかしながら他国が固有の名前を選ぶ中、日本がこのような独自路線で名前を挙げるのは、とても良いことだとも思えました。

「台風」という人類にとって、来ては欲しくない自然災害。

それぞれの国にとっての「台風」とは?

この名前のリストを見ていると、それぞれの国や地域の台風に対する思いや気持ち、歴史や、文化が込められているような気がします。

中には、辛い、悲しいという思いも込められているのでしょう。災害を乗り越え明日に向かえるように・・・。

台風一過の青空に、そんな思いを抱きつつ。
DSC_0002.jpg

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(15)  コメント(1) 

夏至の説明 [宇宙]

「夏至」とは、一年で一番昼間が長く夜が短い日、ということで理解していましたが・・・

スポンサーリンク



つづきはココから↓

明日6月21日は夏至の日。冬至から始まった「陽」が終わる日でもあります。

これから本格的に梅雨に入ろうとする関東地方。そして梅雨明け後の猛暑が来るというのに。

実は、冬に向かっての季節の変わり目ということ。

時の経つのは早いものです。誰もが年々早く感じると言います。

ところで、夏至は英語では「Summer Solstice」 。

「Solstice」は、「至」ということで、「Summer Solstice」を直訳すると「夏至」。

「Solstice」は夏至や冬至でしか使われない言葉(天文用語)のようです。

それではここで言う「至」(Solstice)とは、具体的にどのようなこと(現象)なのでしょう?

昼の時間が一番長い、というのはこの現象(Solstice)の結果であり、本質ではなかったのです。

辞書によると、「至」(Solstice)は、「地球の赤道が太陽から最も遠ざかる瞬間」なのだそうです。

夏至は赤道が南方向に最も遠ざかり、冬至では赤道が北方向に最も遠ざかる瞬間ということになります。

こう考えると、「夏至」も宇宙で演じられている「天体ショー」という感じがしてきます。

日々の天気を気にする農耕民族の日本と欧米の文化の違いを感じますね!

明日は夏至。今年も残り半年あまり。

リ・スタートを切るには絶好のチャンスかもしれません。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







自然界を支配するもの「気」を考える [宇宙]

「気」含む言葉はたくさんあり、なんとなく毎日使っていますが、実は大変な言葉だったのです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

朝の空を見上げて「今日の天気はどうだろう?」と思うのですが、すでにここで「気」を使っています。

どんより曇っていたりすると「気がめいります」。「気持ち」を切り替え「元気に」いこう!

まさに「気」の連発ですね。

その他にも、「空気」や「病気」、「人気」、「景気」など普通に使う言葉がいくらでも出てきます。

この「気」というもの、その本質とは一体どのようなものなのでしょう。

辞書で調べると、「心の動き・状態・働きを総合して捉えたもの」「見えないとしても身のまわりに漂うと感ぜられるもの」など出てきますが、わかったようで良くわかりません。

これらの現象の本質となるものそれは、いったい何なのでしょうか?

それは、ある種の「流動的なエネルギー」ということなのだそうです。

すべての生命体や物質に宿っているもの。

また、その「流動的なエネルギー」は、固まって、目に見える物質になるともいわれています。

生命体の精神をコントロールし、物質をも構成しているもの、それが「気」ということなのです。

これはつまり「宇宙」ということにもつながりそうです。

まあ、結構深く、大変難しい話だったのです。しかしながら我々が日常的に無意識に使っていたのですね。

万物の根源をなしている「気」は、「精霊(しょうりょう)」とも呼ばれています。

柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の3人の忌日(命日)が3月18日であったことから、3月18日は「精霊の日」と定められたということです。

「精霊の日」は、「宇宙を感じる日」でもあったのです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







異常高温で蛾が巨大化した? [宇宙]

熱帯などでは虫や植物が巨大化していることがありますが、都会でも巨大化した蛾が現れました。異常な高温の影響でしょうか?

スポンサーリンク



つづきはココから↓

都会で見かける昆虫類は、せいぜい2~3センチメートルくらいのものが大半ですが、我が家の窓ガラスに体長約10センチメートルほどの蛾が貼り付いているのを発見しました。
DSC_1915.JPG

しかも2匹。合計20センチ以上に達しています。
DSC_1917.JPG

こんな大きな蛾は、身近では見たことがありません。

世の中には蛾が好きな人もいるかもしれませんが、もともと気持ち悪い蛾がこんなに大きいとさらにその気持ち悪さは増します。

見た目が気持ち悪い生き物は、敵から自分の身を守るための進化の結果だとか。

このところの猛暑の影響で突然巨大化したのでしょうか?

実は、異常気象で生き物が突然変異したのではなく、突然変異が今後人類にふりかかる大きな環境変化を予告しているのかもしれませんね!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







七夕の願い事は、誰が叶えてくれるのか? [宇宙]

七夕になると短冊に願い事を書いて笹に吊しますが、いったい誰がその願い事を受け取って、叶えてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク



つづきはココから↓

7月7日の七夕と言えば、織姫と彦星が年に一度会える日ですが、織姫や彦星が願い事をかなえてくれるわけではありませんね。

織姫(織女)の仕事は服をつくること、彦星(牽牛)の仕事は牛を育てること。二人は恋に夢中になってしまい仕事をおろそかにしてしまったのですね。

その結果、人々の服装がしょぼくなり、牛が病気にかかったり、多くの人に不幸をもたらしたのです。

二人は引き裂かれて当然ですね。その後心を入れ替えて、仕事に専念したのかどうかは不明です。

すっと泣いてばかりいた織女を「可哀そうだから」という理由で、年に一度合わせてもらえることになった、このことは冷静に考えると「あり得ない」ですよね。

こんな二人に「願い事」を叶えられる資格はありません!(笑)

というわけで、七夕の願い事は、この物語ではなかったのです。

機織りが上手な機女にあやかり、7月7日の夜に糸とか針とか裁縫道具などをお供えして、手芸の上達を願った宮中の行事が由来のようです。

いろいろな願い事がありますが、「お金が欲しい」とかという願い事をしても全く関係ないってことですね。

その道の先生たる人を想定して、その人の考え方や技術に近づけるよう志を新たにする、という「願い事」を短冊に書くべきなのですね!

皆様の願いが叶いますように。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







うるう秒を聞き逃した! [宇宙]

2015年7月1日に3年ぶりに、うるう秒が実施されました!

スポンサーリンク



つづきはココから↓

日本時間では、2015年7月1日午前8時59分に1秒追加されました。

通常は、8時59分59秒の1秒後は午前9時00分になりますが、本日は、8時59分60秒という時刻があり、その1秒後に9時00分になったのです。

3年ぶりのことなので、何とかその瞬間を感じることはできないか?と考え「117」を思いつきました。

117では通常は「9時ちょうどをお伝えします。」と言ってから「ぴっ、ぴっ、ぴっ」とカウントダウンが始まり、4秒前になると音が変わって「ぷー、ぷー、ぷー」と3回なってから「ぱこーん」となるのです。

そして、うるう秒の今日はどうなるのか?直前の「ぷー、ぷー、ぷー」が「ぷー、ぷー、ぷー、ぷー」と4回になるのか???

わくわくしながら、8時59分になったころNTT時刻案内に電話をしてその瞬間を待とうと、117とプッシュしたところ・・・

「ぷー、ぷー、ぷー」?番号を間違えたのかと思い再度かけても「ぷー、ぷー、ぷー」。

・・・この音はどこかで聞いたことが・・・おっっと、話し中の音だ!

そうです、同じことを考えている人がいっぱいいたのです。

やっとつながった時には、「9時20秒をお伝えします・・・」。    ・・・終わった・・・。

うるう秒を聞き逃してしまいました。

とてもくだらないこととは思いつつ、何か歴史的な重要な瞬間に立ち会えなかった悔しい、悲しい気持ちになりました(笑)。

まあ、うるう秒は、また3年後くらいに必ずやってくると信じて次の機会を待ちましょう。

うるう秒とは、地球が自転する時間が、ぴったり24時間(86400秒)ではないことと、基準のひとつとなっている原子時計との差を調整するために導入されているのですが、ちょっと難しいですね。

いずれにしても何年かに1回調整してきて、今回が26回目になるそうです。

1秒の調整と言っても、我々の日常生活では、全くと言っていいほど何も影響はありませんが、IT社会では予想もしないトラブルが発生するのではと警戒態勢を強めていたことでしょう。今のところ大きなトラブルはないようなので安心しました。

今回のうるう秒に遭遇し、「たかが1秒」という時間ですが、その1秒、1秒の積み重ねで、我々は生きているのですから、今の1秒、次の1秒を大切に使っていこうとあらためて発見できました!

広大な宇宙空間にある地球という惑星の自転を感じつつ。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク