So-net無料ブログ作成

ちょい乗りタクシー1052mのなぞ [役所]

2017年1月30日より東京(23区など)のタクシー初乗り料金が410円になりました!そこにある中途半端な数字(距離)に何か違和感があります。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

今まで2キロメートルまで730円ときちっとした距離を表示していたのですが、ちょり乗りタクシー410円の初乗り距離は1052mとなんだか切りの良くない数字になっています。

その後の追加料金も、237mで80円とやはり中途半端です。

利用者の利便性を高めようという初乗り料金の改定ということなのでしょうが、この中途半端な数字は何なのか、疑問を持つ人も多いでしょう。

2020年に向け外国人も多く利用すると思われるタクシーですが、外国人もこの数字に疑問を抱くことでしょう。

実は、この数字にはもちろん根拠があるのです。

いかにも役所(国交省)と業界の話し合いから生じた理屈です。

運賃値上げを行いたいタクシー業界ではありますが、なかなか役所の審査が厳しい現実があるようです。

このような中、国交省は、2キロ時点で今までと同じ運賃(730円)になる設定なら、運賃の「組み替え」とみなして、値上げのときとくらべて簡単な審査でOKを出すことを決めていたとのことです。

つまり、実質2キロ以上の場合値上げになっている運賃でも、2キロ時点の運賃を730円に設定すれば、「値上げ」としての申請ではなく「運賃の組み換え」としての申請で審査するということです。

2キロ未満を値下げと見せかけて、2キロを超えると徐々に値上げになるという微妙な数字なのです。
今回の中途半端な数字(距離)が算出されたのは、このような背景があると思われます。

単純に「1キロまで410円。その後の追加は250mごとに80円」これで2キロでは730円となるはずです。

しかしこれでは、追加料金のところで、「値上げ」が実現しないのでしょう。

だから、初乗り距離を1052mで設定して、237mごとに80円の追加という中途半端な距離設定という結果になったのです。

これに携わる人にとっては、最良?の結果なのかもしれませんが、いまいち利用者目線になっていないような気がします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







「セルフメディケーション税制」が始まりましたが、何か難しい! [役所]

2017年1月1日より新しい税制「セルフメディケーション税制」が始まった、ということですが、この新税制を使って減税を受けるためにはかなりハードルが高そうです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

そもそも「セルフメディケーション」というカタカナ言葉もあまり一般的ではなく、「税制」との組み合わせで、さらにイメージがわきません。

さすがに「お役所」です。

厚生労働省によるとこの定義は、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。」とあります。

中身もやはり難解でした。この文書を読んで理解できる人がどれほどいるのか?

目的は、毎年膨れ上がり続ける医療費を市販薬の購入を促進して、少しでも医療機関受診機会を減らして、削減しようとすることなのでしょうけれど・・・

もう少し誰でも理解できて、シンプルなものにはできないものでしょうか?

「減税される!」という最終結果だけが注目されがちですが、実はこの「減税」を受けるためには数々のハードルがあるのです。

「くすり屋の領収書さえ取っておけば、その分の税金が戻ってくる!」というバラ色のイメージだけを持っていると、なかなか厳しいものがあります。

この新税制をマイナス思考でとらえると、一例としてこのような感じです。

・この特例措置は平成33年12月31日で終わってしまいます(5年間のみの特例です)
・会社や自治体の健康診断を受けなければ資格がありません。(全額自費の健康診断は不可です)
・健康診断を受けた証拠として、健康診断結果を税務署に提出しなければなりません。
・しかもその結果が「要再検査」や「要精密検査」となっていると減税を受けられません。(「健康優良児」でないとだめなのです)
・また、検査結果の具体的な数値や医師のコメントなどの部分は黒く塗りつぶしたり、切り取らなければなりません。
・控除対象となる市販薬は、決められた特定の成分が含まれていなければなりません。(薬屋で買ったすべてのものが減税の対象となるわけではありません)
・対象の薬の合計額が1年間で1万2千円を超えた部分のみしか控除対象となりません。(控除金額の上限は8万8千円)
・従来の「医療費控除」との併用はできません。(どちらか選択することになります)
・確定申告が必須となります。

対象の薬を2万円買ったとして、上記ハードルをクリアした場合、戻ってくる税金は、所得税1600円、個人住民税800円(合計2400円)という試算になるようです。

これが高いか安いかという判断は、それぞれなのでしょうが・・・

アルバイトなら3時間ほどの時給に相当します。

そもそも「健康優良児」であれば、2万円も市販薬を買わないでしょう!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







機能性表示食品のテレビCMがすごい [役所]

最近「機能性表示食品」のテレビCMをよく見かけるようになりました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

脂肪を燃焼するお茶など、特定保健用食品(トクホ)と呼ばれるものとは違い、消費者庁に品目ごとに許可を得る必要のないものです。

機能性表示食品は、事業者の責任で届け出るものでその表示内容に関して消費者庁は一切責任を負わないものなのです。

ここが大きな違いですが、我々一般消費者にとってわかりずらいものになっています。さらにその他「栄養機能食品」というのもあり、ますます違いがよくわかりません。

「機能性表示食品」は2015年から始まっているらしく、まだまだなじみがありません。

実際には広告表示では、こんな表示が必要になるようです。

「本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。」と。

これは商品を選ぶ際、結構重要な内容かと思われます。

これがよく見るとテレビCMでも表示されているのです。

しかしながらその表示時間は、なんと0.5秒くらい。

このくらいの文書を0.5秒で読める人は「速読の達人」でもない限りほとんど居ないでしょう。

このケースと同様に、広告する際必ず表示しなければならないもの(義務)というのはたくさんあるのでしょう。

それは、一瞬でも表示をすればOKなのでしょうか?

「消費者に伝える」ためではなく「規則だから」表示しているとしか言いようがありません。

役所のあり方が注目されている昨今ですが、「目線」を合わせてほしいものです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







マイナンバー制度は、本当に始まっているのか? [役所]

鳴り物入りで始まったマイナンバー制度。平成28年の1月からは、マイナンバーの利用が開始されているはずなのですが、全く実感がわきません。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

総務省ホームページには、こんなことが書かれています。

「マイナンバー制度は、行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現のための社会基盤」

我々が関心があるのは、「国民の利便性の向上」という部分ですが、これについては次のように言っています。

「これまで、市区町村役場、税務署、社会保険事務所など複数の機関を回って書類を入手し、提出するということがありました。マイナンバー制度の導入後は、社会保障・税関系の申請時に、課税証明書などの添付書類が削減されるなど、面倒な手続が簡単になります。また、本人や家族が受けられるサービスの情報のお知らせを受け取ることも可能になる予定です。」

マイナンバーを提示すれば、所得証明書が削減されたり、手続きが簡単になったりするはずだったのです。

ところが、平成28年度の「課税証明書」を何度役所に取りに(買いに)行ったのか?

マイナンバー制度が導入されれば、こんな面倒な手続きは無くなるはずではなかったのでは?

制度導入が決まり、莫大な番号発行にかかわる経費や管理費(ずべて税金)が投入され、しかもマイナンバーカードの発行も遅れている状況のようです。

そして、手続きは何一つ変わっていないような状況です。

まあ、役所のやることなので時間がかかるのでしょうが、何か一つでも「便利になった!」と実感が持てるものがあってもおかしくないのでは?

時間がかかるのであれば、「1月から開始されます」なんて大風呂敷広げなければよかったのではないでしょうか?

とは言うもののやはりお役所。期日までに書類をそろえて申請手続きを完了しないと、もらえるものももらえなくなってしまいます。

今年度何回目かになる「所得証明書」を取りに(買いに)、雨模様の中、役所まで行ってきますか!(とほほ)

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







収入証紙を買った! [役所]

パスポートを取得するときに買う収入印紙と収入証紙。パスポートセンターには買う場所があるのですが、別の手数料として収入証紙を買おうとすると、意外に大変でした。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

さいたま市周辺の市は、市役所や支所で買えるのですが、さいたま市の場合は、なぜか市役所(区役所)では売っていないのです。

売っているのは警察署や税事務所など一般にはあまりなじみのないところ。

普通の市民が買い易い場所としては、ファミリーマートか埼玉りそな銀行です。

今回、15000円分の収入証紙が必要となり、早速ファミマに行ったところ・・・

あるにはあったのですが、少額のものしか在庫が無く、最高は2000円のもの。

15000円分にするには、2000円7枚、1000円1枚の合計8枚貼らなくてはなりません。

ところが、そんないスペースが無いものに貼らなくてはならないため、ファミマでの購入を断念しました。

ファミマがダメであれば、警察か埼玉りそななのですが、どちらも3キロ以上離れています。

警察は何となくアレルギーがあるので、埼玉りそなへ行ってみることにしました。

ようやく到着して店内に入ると、すぐ声を掛けられ、事情を説明すると、「こちらにご記入下さい」と購入申請書なるものを渡されました。

名前、連絡先など記入して、受付番号をもらいました。

この流れはどの銀行も一緒なのでしょうが、面倒なものです。

そして、順番が回ってきて窓口へ。

ここでお金を払えばすぐ収入証紙をもらえるかと思えば、未だでした。

あまり銀行窓口に来る機会はなかったので知らなかったのですが、窓口で現金を渡すのは、人に渡すのではなく、すぐ横に入金機が置いてあり、その中に投入する仕組みになっていました。

人間を介すると、金額が多かったの、少なかっただのいろいろトラブルがあるのでしょうね。不正防止もあるのでしょうか?

近い将来、新入銀行員が札を数える練習をしなくても良い日が、来るのかもしれません。

何とか15000円投入でき、受け取ると思ったのもつかの間、また番号札を渡され、「お待ちください」と。

またまた待ちです。

そして、しばらくして呼ばれ、やっと10000円と5000円の収入証紙を手に入れることができました。

たかがこのような切手みたいなものを買うのにこんなに手間がかかるとは、思いませんでした。

よく考えると、ITの時代に「収入証紙」なる金券での支払い方法って結構時代遅れなのかなあと思います。

仕組み的には、公共料金などと同じように、コンビニで支払って、領収書なり支払証明などをもらってそれを同じように張り付ける、といったこともできるはずです。

そもそも、あのような切手みたいなものを各県独自のデザインで作成、販売するコストも相当かかっているのではないでしょうか?

何とかしてもらいたいものです。

と思って調べてみたら、なんと東京都と広島県はすでに収入証紙を廃止しているのですね!

さすが進んでいます。

国の収入印紙もまだ「切手」状態ですが、こちらも早く改善してもらいたいものです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







自動車税納付の5月は「魔の季節」 [役所]

車を持っていると毎年5月に必ず届く自動車税納付通知書ですが、今年はちょっと様子が違います。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

いつもであれば、コンビニでお金を払い、「納税証明書」に印をもらうという流れになります。

この「納税証明書」は小さいので、保管はするのですが、必要な時に必ず行方不明になります。

「必要なとき」とは、だいたい車検の時になります。長い人は、車検まで1年近く時間がありますので、その間に「納税証明書」がどこかに行ってしまう人も多いのではないでしょうか?

見つからない場合は、別途手続きが必要になり実に面倒くさくなります。

ITの時代に、結構アナログ的な作業ですね。

ところが今年4月1日より、車検時に「納税証明書」が不要になっていたのです。(一部の府県では未だのようですが・・・)

全く知りませんでした。

つまり「納税証明書」を失くしても問題なし、ということになりますね。

なぜ不要になったのでしょうか?

自動車税の納付先は、各都道府県で、車検の管轄は国土交通省(国)で、納税情報と国のシステムが連携しておらず、確認するために今まで「印を押した紙」を提出する必要があったのです。

ところが、今年よりシステム連携され、電子的に納税情報が確認できるようになったため、というのが理由のようです。(システム連携が間に合わなかった府県はできていない)

「印を押した紙」が不要となると、支払い方法もいりいろ選べるということになります。

Yahooの公共料金クレジット払いも対応可能で、クレジットのポイントも還元されます。ただし決済手数料として別途324円取られるようなので、とんとんでしょうか。

この流れで「自動車税」の金額や月払いなど支払い方法なども、見直してほしいものです。

何せ、税金などの支払いが集中する5月は、「魔の季節」なので・・・。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク








環境省の花粉観測システム「はなこさん」とは? [役所]

テレビやネットで毎日発信されるの花粉情報と言えば、日本気象協会の「花粉情報」なのです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

日本気象協会の花粉情報での飛散レベル表示は、「非常に多い」、「多い」、「やや多い」、「少ない」の4段階です。

基準は、1平方センチメートル当たり、一日何個の花粉が飛んでくるかで決まります。
「非常に多い」は50個以上、「多い」は、50個未満、「やや多い」は、10個~30個未満、「少ない」は、10個未満。

この基準って本当に花粉症の人に本当に役に立っているのでしょうか?

「非常に多い」という表現は、通常赤で表示されますが、花粉シーズンになると、連日真っ赤で何も変わりません。

どのチャンネルを見ても真っ赤のオンパレードです。情報の出所が一緒なので仕方ありません。

しかしながら、花粉症が重症の方にとっては、こんな情報を見てもあまり役に立ちません。

「非常に多い」という基準の50個というのが、いかにもあいまいというか、50個でも100個でも300個でも「非常に多い」という同じ表現になるということです。

花粉症重症の人にとっては、50個なのか300個なのかはとても重要で、それなりに対策のレベルが変わってくるのです。

是非、「非常に多い」の上のレベルを作って発信してほしいと思います。

ところで、花粉情報を発信しているところは日本気象協会だけではありません。

実は、環境省も観測システムを構築し、花粉情報を発信しているのです。

その花粉観測システムの名はズバリ「はなこさん」です。

このシステムは、花粉自動計測器により、花粉の飛散状況をリアルタイムで把握できるという優れものなのです。

データは1時間ごとに自動的更新され、常に最新の情報が見られます。

ちなみに観測場所「さいたま市役所」の飛散状況は、こんな感じで表示されます。

2016年04月10日10時
花粉飛散数:213個/m3
昨日の同時刻:102個/m3

日本気象協会との花粉個数の単位が違うので、そのまま比較はできませんが、ピンポイントでの飛散状況や昨日との比較などが明確にわかります。

気象協会の基準では、昨日も今日も「やや多い」という表現なのでしょうが、「はなこさん」データによると、昨日の2倍以上の花粉が飛んでいることがわかります。

「はなこさん」も相当の予算をかけて開発したシステムなのでしょうが、今一、世の中に知られていないのではないでしょうか?

マスコミでも「はなこさん」データを元にした「花粉情報」を流すところがあっても良さそうな気がしますが・・・。

いずれにしても花粉症の人にとって辛い日々はまだまだ続きそうです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







個人番号カード(マイナンバーカード)を受け取った! [役所]

個人番号カード交付通知書のハガキが届き、早速指定された役所に受け取りに行きました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

受け取りに必要なものは、個人番号カード交付通知書のハガキ、マイナンバー通知カード、住民基本台帳カード(持っている人のみ)、本人確認書類の4点(または3点)です。

住民基本台帳カードは、本人確認書類として有効です。

早速窓口へ。必要書類を提出し、「確認するので、4つの暗証番号を考えておいてください」と、待たされる。

10分ほど待たされた後、呼ばれたところ、新たな事実が判明しました。

今まで印鑑証明や住民票の写しなどは、住民基本台帳カードで、コンビニや役所の発行機で出すことができていましたが、個人番号カードは、役所の発券機には対応していない、ということです。

これは、さいたま市の発券機の仕様がそうなっているだけで、他の自治体ではそんなことはないかもしれません。

つまり、コンビニでは使えますが、役所の発券機では使えない、そのため別のカードを作ります、ということのようです。

別のカードを作るため、申請書なるものをその場で書かされるのです。そしてもう一度お待ちくださいと。

この時点ですでに30分経過しています。

しばらくして、また呼ばれました。「次は暗証番号の設定をしていただきます」と。

暗証番号は本人のみ知りえるものという考えから、紙に書いて提出して職員が登録するということはしていないのです。

大型タッチパネルに4つの暗証番号を自分で入力していきます。最初の暗証番号は、6桁~最大16ケタで英数混合です、英語は大文字のみしか入力できません。

その次の4桁数字の暗証番号3つは、同じでも良いとのことで、その場合、1回入力すれば完了となります。

2回ずつ入力して間違いがないかどうか自動的に判断されます。

やっと入力が終わったところで、また「カードの内容を確認しますので少々お待ちください」と。3回目の待ち時間です。この時点で、すでに窓口に到着してから60分経過していました。

そして約20分さらに待たされて、ようやくカードを受け取ることができました!

カードの表には氏名や住所、写真が掲載されていますが、結構広いスペースにこのような表示があります。
DSC_3191.jpg

電子証明の有効期限を書くところと、4行のメモ書きスペース、それと臓器提供意思です。電子証明の有効期限については5回目の誕生日までとなっており、それがわからなくなるような人は自分で記入するのだそうです。

カード裏面は、マイナンバーか書かれており、コピーなどは決められた人(勤務している会社とか役所とか)しかできないようです。

そしてもう1枚、役所の機械で住民票などを出すときに使うカードです。結局カードが2枚に増えてしまいました。

個人番号カードは、透明のケースに入れてくれるのですが、それがこれです。
DSC_3193.jpg

身分証明書として提示するときにこのケースに入れたまま渡すと、次の部分が隠されるという優れもの?です。

隠される内容は、表側は、「性別」と「臓器提供の有無」、裏側は「個人番号」。合計3か所です。

「性別」はパスポートには、記入されていますが、運転免許証には記載されていません。身分証明書として提示する場合は、性別は不要なものなのですね。

今後、健康保険証機能なども搭載されるようなので、それを見越して「性別」の記載があるものと思われます。

最終的には無事、個人番号カードを受け取ることができましたが、かかった時間は1時間20分ほど。

大して混んでいなかったのに、このくらいかかりました。

今後受領する人が増えたら、もっと時間がかかるかもしれませんね。受領に行く方は余裕をもって行った方が良いようです。

ちなみに待っているとき、「まだマイナンバー通知カードが届いていない!」と問い合わせに窓口に抗議にきている人が居ました。

このマイナンバーカードにかかわり、役所の人たちの仕事は大変そうですが大変重要な仕事でもあります。

多少時間がかかっても間違いが無いよう、細心の注意で業務を遂行されているものと思われます。

大変ご苦労様です。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」というタイトルのハガキが届きました! [役所]

ようやくマイナンバーカード交付通知書が届きました。その通知ハガキのタイトルは、「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」でした。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

このハガキ、切手の部分に「マイナちゃん」がデザインされています。
DSC_3186.jpg

宛名面中ほどには「目隠しシールをはがして、交付場所を確認してください。」書いてあるシールが貼られています。
DSC_3185.jpg
シールをはがしてみると、最寄りの役所の住所と電話番号が書いてあるのですが、なぜこれをシールで隠しているのか?最初は理解できませんでした。

シールにはさらにこんなことが書いてあります。

「(注意)はがした目隠しシールは、個人番号カードの受領を代理人に委任される場合には、ハガキ裏面の暗証番号記入欄の上に貼付してください。個人番号カードの受領を代理人に委任される方は、先に暗証番号を記入してからはがしてください。」

マイナンバーカードは、必ず本人が受領しなければならないと理解していましたので、ここでいきなり「代理人の受領」ということが出てきて、理解できず混乱してしまいます。

さらに「暗証番号を記入してからはがす」という「手順」的なものが書かれており、最初にはがしてしまった場合、「間違ったのか?」と勘違いしてしまいます。

実際には、代理受領を頼んだ時にこのハガキにあらかじめ暗証番号を書かないと代理受領ができないので、その暗証番号を他人に見られないように目隠しするためのシールが宛名面に貼られていた、ということになります。

はがしてももう一度貼ることができるシールなので、暗証番号のところに貼られたシールをはがしてもう一度貼れます。目隠しの役割を果たすのでしょうか?

いずれにしても、この宛名面の案内は、説明不足で不親切な感があります。

そして、裏面を見ると・・・
DSC_3182.jpg

めちゃめちゃ小さい文字がぎっしり詰まっています。

これだけ説明しなければならない事項があるのですね。ハガキのスペースに収めるためにはこのように小さい文字にせざるを得なかったのでしょうが、なんか無理があります。

切手代を節約するためにハガキでの通知にしたのでしょうか?私のような老眼がかかった強度の近視(笑)では解読困難。不親切極まりありません。

何とか読み進めると、最初から難解な文章があります。趣旨は「申請した個人番号カード等が準備できたので通知・照会する。間違いが無ければ回答書に署名捺印しろ」ということ。

あまり見かけない日本語ですね。要するに申請者本人かどうかということを確認するためのもののようです。

しかしながら、別に身分証明書も提示するわけで、ここへの署名捺印が、どんな意味があるのか?よくわかりません。

最も理解するのに時間がかかったののが下の方にある暗証番号①~④です。
DSC_3187.jpg
これは、受領の時までに考えておくように、という、いわば「宿題」です。

まず、この4つの暗証番号は、いつ、どのようなときに使うのか?必要なのか?よくわかりません。

さらに4桁の数字の暗証番号3つは、同じ数字で良いのか3つとも違うものを考えないといけないのか、という説明もなく、わかり難いのです。

マイナンバーカードは、人は小さい子供からお年寄りまで、様々な方が申請されていると思われますが、ハガキを受け取って、いったいどれほどの人が、理解できるのか?疑問ですね。

まあ、とりあえず届いたことを良しとし、早速受け取りに行ってみたいと思います。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







いつの間に「個人番号カード」が「マイナンバーカード」に変わったのか? [役所]

昨年11月「マイナンバー通知カード」が届き、即日、個人番号カードの申請をPCで行ってからすでに3か月たちますが、「交付通知書」は未だ届いていません。いつになったら受け取れるのでしょうか?

スポンサーリンク



つづきはココから↓

なぜカードの発行を待っているかというと、e-TAX(電子申請)するために電子証明が必要だからです。

住基カードに付けていた電子証明の有効期限が昨年12月で終了するため、更新を申請すると500円の手数料がかかるのです。

個人番号カードを発行すれば無料で電子証明を受けられることになていますので、早めに申請した次第です。

ところが、未だ「交付通知書」が届く気配も感じません。

今年はe-TAXをあきらめるしかないのでしょうか?

ところで、当初からマイナンバーが記載された写真付きのカードのことは、「個人番号カード」という名称になっていました。

マイナンバーのHPでも「個人番号カード」、マイナンバー通知カードが届いて同封されていた書面にも「個人番号カード」という名称を確かに使っていました。

ところが、最近HPを見ると、「個人番号カード」という名前は使っておらず、いつの間にかすべて「マイナンバーカード」に書き換えられていました。

マイナンバー制度は、「マイナンバー」ということばを前面に出してPRしていたので、「個人番号カード」とはわかり難いなあと思っていましたが、「マイナンバー通知カード」と混同しないように「個人番号カード」という名前をあえて使っているのだと理解していました。

ここにきて「マイナンバーカード」に名称を変更したのです。このことは何かニュースで流されたのでしょうか?

いつの間にかひっそり書き換えられたのでしょうか?

個人的には別にどちらでも良いのですが、途中で知らぬ間に名称を変更されると、さらに混乱を招くのではないかと思われます。

できれば、どのような経緯で「マイナンバーカード」に突然名称変更したのか、知りたいところです。

何かとトラブルつづきのようですが、こんなカード名称の変更をやっている暇があったら、1日でも早く「マイナンバーカード」を受け取れるようにしてもらいたいものです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク