So-net無料ブログ作成

カラスによるゴミ食い散らかしの効果的な防止策はこれだ! [自宅]

マンションのゴミ収集場所にはネットがかけられ、カラス対策はされていたのですが、カラスの学習能力が勝り、ゴミの食い散らかしが頻繁に起こるようになってしまいました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

カラスはネットのちょっとしたすき間から中に入り込み、ゴミ袋ごとネットの外に引きずり出します。

引きずり出したゴミ袋をくちばしで破り、食べられるものを探すのでその時に「食い散らかし状態」になるのです。

風の強い日などは、その食い散らかし状態が広範囲に広がり、道路にも散乱。大変迷惑な状態となります。

管理組合では、対策として「ゴミボックス」の設置を検討しましたが、100万円近い設置費用がかかることと、「景観を損ねる」などの理由で、なかなか進みません。

そこで、コストを掛けずに景観も損ねず、しかも簡単に素人でも作れる、カラスよけネットを作ってみました!

こんな感じです。
new.jpg

材料は、2×3mのカラスよけネット2枚とクサリ10m、そして結束バンドです。

作り方:
①結束バンドで2枚のネットをつなぎ合わせる
②つなげたネットの周り(3辺)にクサリを結束バンドで括り付ける
③残る1辺をゴミ置場の奥に結束バンドで固定する

これで完成です。道具は、結束バンドの余った部分をカットするためのハサミだけです。

ポイントは、クサリの重りのためゴミ置場全体にネットを掛けてもカラスの入るすき間を作らないということです。

また、クサリで引っ張られているので、ネットがピンと張った状態になり、見た目もスッキリして清潔感があります。

また、強風時もネットが飛ばされることはありませんし。中に入れたゴミも風で飛ばされることもありません。

材料も普通のホームセンターで買えるものばかりです。コストは数千円で済みます。設置時間は、1時間もあれば十分です。

効果は、抜群で、これを設置してからカラスが寄ってくることはありません。

カラスは頭が良いので、見た瞬間「ダメだ」と判断するのでしょう。

同じようなごみ収集場のあるマンションにお住まいの方は是非ご参考に!


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







ゴミ置き場がカラスに荒らされる [自宅]

今年生まれたカラスが加わって、カラスの数が増えたような気がします。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

春先は、この辺りでは2羽のカラスが良く見られました。

かなりしつこく「攻撃」もされました。

おそらく子育て中だったのでしょう。

その後、「攻撃」も収まり、やれやれと思っていた矢先です。

ふと見るとカラスの数か7~8羽に増えていたのです。

見慣れない顔のカラスなので、今年うまれ育ったカラスではないかと思います。

ある日の朝、マンション管理員から呼び出されました。

「ゴミ置き場が大変なことになっている」というのです。

早速見に行くと、ごみ置き場はすでに数羽のカラスで占領されており、かなり近くに行くまで逃げようともしません。

されにカラスの数は増えており、近くを見渡すと15翅はいたでしょうか。

カラスの連絡網で「ネットの甘いごみ置き場がある」という情報が伝わって、近隣のカラスが来ているのかもしれません。

カラスよけのネットのわずかなすき間から入り込み、ごみ袋を引っ張り出し、穴を開けて物色しています。

道路には生ごみが散乱し、さらに風で飛ばされ50メートルに渡って散らかっています。

カラスよけのネットを掛けてからは、このようなことはほとんどなかったのですが、カラスも大所帯となり、必死に食べ物をあさっているのでしょう。

ネットをまくり上げ、中からごみを引きずり出す。

こんな知恵がついてしまったようです。

やはりカラスを甘く見てはいけませんね。

人間とカラスの知恵比べです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







スマートメーターが来た! [自宅]

4月からの電力自由化を機に、東京電力から「ENEOSでんき」に切り替えましたが、ようやくスマートメーターへ
切り替えられました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

「ENEOSでんき」への申し込みは、3月上旬。

4月28日より「ENEOSでんき」が開始されました。

開始されてたということは、メーターもアナログからスマートメーターに切り替わったのだと思っていました。

ところが、その時点ではスマートメーターへの取替工事は完了していなかった、ということが本日判明しました。

というのも本日突然、東京電力パワーグリッドというところから、「メーターの交換をします」と訪問されたからです。

マンションなので不在でも共用部にあるメーターの交換は可能なのでしょうが、一応声をかけることになっているとか。

交換時間はほんの僅か。5分ほどで終了した模様です。

この右側がスマートメーターデス。左はお隣のお宅のメーター(アナログメーター)。
DSC_3934.jpg

1日中同じ料金での契約の場合、従来のアナログメーターでも「ENEOSでんき」契約も対応できていたのですね。

よく考えると、同じ電気なので、請求金額が、「東京電力」の場合と「ENEOSでんき」では違うのと、請求元が変わるだけでメーターには関係なかったのです。

今後可能になるのは、30分ごとの電力消費量がわかるというyことになるのでしょう。

スマートメーターの場合は遠隔で電力消費量を確認することができるので、検針員の目視は不要になるということになるのが売り物です。

ところが、お気づきの通りお隣のお宅はアナログメーター。ということは検針員の方は相変わらずこの場所に来なくてはならないということになります。

東京電力管内では2020年までに全世帯スマートメーターに切り替える計画のようですが、それまでは検針員の方の仕事は続きそうですね。

電力自由化に伴い、契約変更されたところから順次1件1件スマートメーターへの交換を行っているようですが、効率はかなり悪そうです。

もうすこし効率よいやり方で、少しでも電気量金に還元されれば良いのですが。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク






DSC_3930.jpg

北向きの窓から見えるもの [自宅]

北向きの窓は、「裏側」というイメージと、日光が入らない、冬は寒い、暖房費が高い、結露になりやすい、カビも生えるなどデメリットだらけのように思えます。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

しかしながら実は、良いところもあるのです。

衛生管理的には、「北向きの窓では、直射日光はほとんど入らないが一年中平均した明るさが得られる」というのがあります。

読書や調べもの、集中が必要な作業、考え事をするときなどには、絶好の環境なのかもしれません。

これから迎える「猛暑日」でもエアコンの使用を最小限に抑えられるでしょう。

一般的には南向きの窓のある部屋というのが好まれる傾向がありますが、デメリットも意外にあります。

南向きの窓では、冬の太陽高度が低いときは、部屋の奥まで直射日光が入り、読書や食事、テレビなど見るときは、支障が出て思わずカーテンを閉めるなんてことがあります。

夏は、部屋の奥までは日が差さないのですが、気温の高さとベランダの反射熱もあり、エアコンの利きも悪くなるため、やはりカーテンを閉めます。

南向きの窓ってそのメリットを実感できる機会は意外と少ないのかもしれません。

日光が欲しいときは、外に出れば良いのです。

そして、結構見落としがちなのは窓から見える景色です。

南向きの窓から見える景色は、実は「裏側」を見ているのです。

草木や花などの植物は、南向きに咲いているのです。しかも逆光となるので、決してきれいに見えません。

ところが、北向きの窓から見えるそれらの植物は、まさに「正面」から見ることになるから美しいのです。

山が見える景色があったとしても南向きの窓から見るのと北向きの窓から見るのでは、雲泥の差があります。

日光が出ない鬱陶しい梅雨の時期になりましたが、現実の「南向きの窓」が「北向きの窓」的な楽しみ方ができる季節とも考えられます。

普段「日光」に遮られて見えなかったものが見えてくる、新たな発見ができる良い機会なのかもしれませんね。

Happy Rainy Day!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







カラスに顔を覚えられた!? [自宅]

20年以上住んでいる場所で、初めてカラスに襲われました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

カラスは、4月~7月にかけて、巣をつくり子育てをするのだそうです。
DSC_3823.jpg

子育て期間は、敵から子供を守るために親は必死になります。

これは、カラスに限ったことではなく、人間を含めた多くの生き物共通の本能なのでしょう。

近くの樹にカラスが巣作りをしているのは、毎年のことですが、今年初めてそこのカラスのカップルから攻撃を受けました。
DSC_3822.jpg

最初はベランダ攻撃でした。
DSC_3808.jpg

カラスの攻撃方法は、背後から音もなく近づき、後頭部を足蹴りにするというものです。

近くの電線にカラスがとまっているのが見えるのですが、その時カラスは特に興味もなさそうにしています。

しかし人間が、カラスに背を向けた瞬間を見計らって、そっと飛び立つのです。

そして、羽音を立てないように(人間に気づかれないように)一気に接近し、後頭部を足で蹴るのです。

見事頭に命中すると、誇らしげにガーガー鳴き叫ぶのです。

一度襲われると警戒するものですが、そこは頭の良いカラス。うまくその警戒のすき間を見つけて、不意打ち攻撃を仕掛けてきます。

ベランダ攻撃で顔が認識されてしまうと、ベランダ以外でも襲われるようになります。

道路を歩いていようが、自転車に乗っていようが、カラスの縄張り内にいる限りどこでも攻撃を仕掛けてきます。

当然、道路に居る他の人には攻撃してきません。

また、1羽であれば見えているカラスだけに注意すれば良いのでしょうが、もう1羽(カップルなので)居て、2羽で連携して攻撃してくる。

1羽はおとりで、注意をそちらに向けさせておいて、もう1羽が背後から攻撃する。

ここまでくると、見事です。親近感すら湧いてきます。

攻撃のタイミングがわかってくると、その攻撃を阻止する方法もわかってきます。

カラスと目を合わせると、攻撃をやめます。つまり蹴られる直前で振り返りるとカラスは急ブレーキをかけて、攻撃を止めます。

やはりカラスにとって人間は恐怖な存在なので、後ろからしか攻撃しないのです。

そんな時は攻撃はあきらめますが、やたらと近寄ってきます。「敵」を良く観察しているのか、わかりませんが、こちらも観察すると、頭の良さそうな顔をしています。

ハトや雀とは大違いです。

カラスの子育てが終わるまで、しばらくカラスとの攻防が続くのでしょう。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







ベランダビオトープの浮き草に花が咲きました!組織培養とは? [自宅]

ベランダビオトープに生息している浮き草(名前はくわかりません)に花が咲きました。実は組織培養で育ったのです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

この時期になるとベランダビオトープは睡蓮の葉で覆われますが、今年は昨年投入した浮き草がものすごい勢いで育っています。(もはや水に浮いているのではなく、宙に浮いていますが・・・。)
DSC_1776.JPG
DSC_1774.JPG

ついにこの浮き草に花が咲きました!草の名前はよくわからないのですが、うす紫色の素朴な花です。
DSC_1775.JPG
1日か2日するといつの間にか花が消えてしまいます。花びらが落ちていないのです。水生植物の特徴なのかもしれませんが、花が葉が枯れたりすると、すぐに水に溶けるようにきれいになくなるのです。腐ったりして水を汚しません。

そんな浮き草ですが、実は「組織培養」で育ったものなのです。

組織培養とは簡単に言うと、成長した植物の組織(細胞)から植物を増やすやり方のことです。

植物が繁殖する方法は基本は種ですが、花が咲かないと種はできません。種がなくても葉っぱなどから細胞を取り出し、その細胞を特殊な培養をするのです。

そうすると、その葉っぱの細胞が葉っぱになる前の細胞(未分化の細胞)に戻るそうです。

その未分化の細胞を培養させると、根や茎や葉になって、やがて元の植物ができるのです。手品のような不思議な話です。

この方法ですと、無菌状態で植物を作ることができるので質のよいものができますし、害虫もつくこともなく農薬なんかも不要なので安心です。

一見、科学が自然をコントロール(支配)しているようにも思えますが、人間の知恵で技術が発展することも、「自然」なことなのかもしれませんね。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







ときめかない浴室のカビをKondo(コンドウ)できた!? [自宅]

窓のない浴室は、年中無休で高温多湿の状態です。カビにとっては、この上ない快適空間になっていますね。梅雨の時期は、さらにそのパワーをアップします。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

毎日掃除したり、使用後に水分を拭き取ったりできる方は、浴室のカビに悩まされることもないのでしょう。

お風呂に入ることは、一日の疲れを流す癒しの時間を過ごすということです。そんや癒された後に、お風呂の掃除なんかやってられない!と思うのは私だけでしょうか?

しかしその代償は、カビの繁殖という結果をもたらします。

タイルの目地や壁、天井には黒いカビが徐々に広がっていきます。浴室の床は赤いカビが、ステンレスのワイヤーラックにもびっしりカビが生息し、ワイヤーが少し太くなります。さらにシャンプーなどのボトルも持つとぬめりで滑ってしまうことも!その後ろの壁も大変なことに・・・。

そんな状態になると、もう掃除をする気にもなれず「見て見ぬふり」で、さらに悪循環に陥ります。

あるとき、世界で最も影響力のある100人に選ばれた、近藤麻理恵さんの本を何気なく見ると、浴室の片付けのポイントとして「ラックの置き場を浴室の外にする」というくだりがありました。

浴室で使うものは浴室に置く、という「常識」と思われていることの、発想転換です。

使うものだけ持っていって、使用後はそれを持ち帰ってくる。そして浴室外の定位置に置く。これだけです。

これを実行してみると、思った通り簡単です。習慣になってしまえば全く違和感はありません。浴室外のラックの下に雑巾を敷いておけば、水分を拭き取る必要もありません。

これだけで、ラックに関わるカビと決別することができました!

そしてラックの無くなった浴室は、全くシンプルになり空間が一回り大きくなったような感じになります。すると変化が・・・。

壁や天井のカビが気になりだしたのです。スッキリしているので入浴中でもちょっとブラシでこすることができるようになりました!

ちょっとした日常行動の変化が、別の次元への入り口となったのです。

これが「Kondo(コンドウ)する」ということでしょうか?

何でも、いつものやり方、見方を変えることで新しい発見ができるかもしれませんね!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







ネジバナが咲きました! [自宅]

ベランダのミニ芝生空間で育ったネジバナが、咲き始めました!

スポンサーリンク



つづきはココから↓

梅雨らしい日が続いています。

雨上がりのベランダを見ると、ネジバナが咲き始めていいました。
DSC_1660.JPG
ネジバナは下の方から上に向かって咲いていきます。小さい花ですが、よく見るとランの花です。ラン科の植物なので当然ですが・・・。

巻が弱いのか、まだらせん状にはなっていませんが、巻き方の方向性の兆しは見られます。今後どのように巻いていくのか楽しみです。
DSC_1661.JPG

ネジバナの別名はモジズリ。

諸説あるようですが、福島県の信夫(しのぶ)地方の草木染「信夫もじずり」という絹織物の乱れた模様が、ネジバナのらせんに似ていることから別名として呼ばれるようになったとか。

信夫もじずりの染め方は、ひし形の模様がある綾型石(あやがたいし)の表面にいろいろな草木を置き、その上に布をかけて上から平らな石で摺るのだそうです。

そうすると乱れた模様が現れるということです。「乱れ」のイメージから多くの恋の歌が詠まれたのですね。

~陸奥の信夫もじずり誰ゆえに 乱れそめにし我ならなくに~

「わたしの心が乱れているのは誰のせい?あなた以外にはいないわ!」こんな恋する女性の「心の乱れ」を表すための「信夫もじずる」だったのです。

咲き始めたネジバナを見ながら、いにしえの世界に引き込まれました。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







ネジバナの画期的な育て方はこれだ!菌との共生を「小さな芝生の庭」で実現する! [自宅]

芝生や草地など自然環境で自生するネジバナ。雑草のようにどこにでも生えているので、鉢植えでも簡単に育つかというと、すぐ枯れてしまったり翌年は生えなかったり、意外に育て方は難しいようです。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

ネジバナはラン科の植物で、毎年6月ごろから花を咲かせます。花茎沿いにらせん状に小さな花をつけていきますが、回り方が右回りの茎と左回りの茎があるそうです。

面白いのはその比率が1対1ということです。このことがネジバナの繁殖に何か重要な意味があるのでしょうか?

中には、ひねくれて回らない茎もあるそうです。真っ直ぐなことが「ひねくれている」とはチョット笑えますね。

そんなネジバナですが、鉢植えで育てようとするとなかなか難しいようです。市販の殺菌された腐葉土などではすぐ枯れてしまうようです。

ネジバナの根は菌根で菌類と共生していることが関係しているようです。芝生などでネジバナがよくみられるのは、芝生には共生関係の菌が豊富にあるからなのですね。

芝生があればネジバナは育つ、であれば芝生空間をつくれば良い、ということになります。

しかしながら芝生も育てられるような広い庭のある家に住んでいる人は、良いのですが、マンションなどベランダ程度しかない人は、あきらめなければならないのでしょうか?

そこで、芝生ごと鉢で育てられないかと思い、直径20㎝程の小さな芝生の「庭」をつくってみました。
DSC_1651.JPG
DSC_1650.JPG
その小さな空間で、ネジバナが育っていたのです。つぼみも膨らみ今にも咲きそうな感じです。
DSC_1648.JPG
芝生=広い庭、というイメージですが、小さな空間でも芝は良く育ちます。ネジバナが無くても芝だけでも面白いものです。芝が伸びてきたら芝刈りだってハサミでできますよ。

鉢植えで、ネジバナをうまく育てられなかった方は、この「小さな芝生の庭」を是非試してみてくださいね。きっと新しい発見があるはずです。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







ベランダビオトープに睡蓮が咲きました!その妖艶な世界に引き込まれてしまいそうです。 [自宅]

梅雨の時期に咲き始めるく睡蓮。こんなに雨が似合う花は他にはありませんね。
ベランダビオトープの小さな自然環境ですが、妖艶に咲く花を見つめていると、広大な睡蓮の世界に引き込まれそうになります。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

ベランダビオトープの世界が最も華やかになるのは、この睡蓮が咲いているときです。

水辺の植物は、地味な花が多いのですが、睡蓮は古代エジプトにおいては「太陽のシンボル」とされたように、派手な花です。
DSC_1641.JPG
決してけばけばしくなく、「清純な心」「信仰」「信頼」など花言葉そのものですね。
DSC_1642.JPG

しかしながら、なぜか妖しい雰囲気が漂うのですね。

睡蓮の学名になっている「ニンフ」は、ギリシャ神話に出てくる妖精。森や泉などの自然の精気が具現化された「自然の精」だそうです。

彼女たちは、自然の霊気を与えたり奪ったりする能力があり、その容姿は皆、若く、愛らしく、美しい少女であったようです。

そのため多くの男性は、妖精たちの霊気をコントロールする能力とその容姿によって、恋の対象になったということです。

だから睡蓮の花には妖しい雰囲気があるのですね!
(女性でもその妖しさは感じるのでしょうか?と疑問はありますが・・・。)

また、睡蓮の花言葉には「滅亡」というのもあります。ニンフは睡蓮の花に誰かが近づいてくると睡蓮の花に姿を変えて待っているそうです。

睡蓮の花を折ろうとするものが現れると、一瞬で水の中にに引き込み一気に破滅されるということです。太陽のシンボルとは、対称的な妖精の裏の顔です。

男性が霊気をコントロールされたた状態で、妖精に恋をして近づくと、最後はこうなるのでしょうか?
なんか現実の世界でもありそうな話ですよね!(笑)

そんなことを思いつつ、今年もベランダビオトープの睡蓮の花を楽しみたいと思います。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク