So-net無料ブログ作成
検索選択

夏至の説明 [宇宙]

「夏至」とは、一年で一番昼間が長く夜が短い日、ということで理解していましたが・・・

スポンサーリンク



つづきはココから↓

明日6月21日は夏至の日。冬至から始まった「陽」が終わる日でもあります。

これから本格的に梅雨に入ろうとする関東地方。そして梅雨明け後の猛暑が来るというのに。

実は、冬に向かっての季節の変わり目ということ。

時の経つのは早いものです。誰もが年々早く感じると言います。

ところで、夏至は英語では「Summer Solstice」 。

「Solstice」は、「至」ということで、「Summer Solstice」を直訳すると「夏至」。

「Solstice」は夏至や冬至でしか使われない言葉(天文用語)のようです。

それではここで言う「至」(Solstice)とは、具体的にどのようなこと(現象)なのでしょう?

昼の時間が一番長い、というのはこの現象(Solstice)の結果であり、本質ではなかったのです。

辞書によると、「至」(Solstice)は、「地球の赤道が太陽から最も遠ざかる瞬間」なのだそうです。

夏至は赤道が南方向に最も遠ざかり、冬至では赤道が北方向に最も遠ざかる瞬間ということになります。

こう考えると、「夏至」も宇宙で演じられている「天体ショー」という感じがしてきます。

日々の天気を気にする農耕民族の日本と欧米の文化の違いを感じますね!

明日は夏至。今年も残り半年あまり。

リ・スタートを切るには絶好のチャンスかもしれません。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0