So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10 バージョン1703  [パソコン]

ウインドウズ10のアップデートがたびたび行われますが、今までのやり方が変わってしまう場合は、ちょっと戸惑ってしまいます。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

ドコモのXperiaをMVNOで動かすとき、テザリングのapnが強制的に変更されないようにコマンドを打ち込もうとしたら、勝手が違っていました。

マウスの右クリックメニューで、「コマンドプロンプトをここで開く」というのがあったのですが、いつの間にか無くなっているのです。

その代わりに「PowerShell ウインドウをここに開く」というのができていました。

コマンドプロンプトと同じようなウインドウなので、そのままコマンドを打ち込んでみると「エラー」になってしまいます。

より高度なことができるシステムなのでしょうが、素人が使うには難しすぎますね。

「アップデートしなければよかった」と後悔しましたが、以前のWindowsは消してしまったので戻すことはできません。後悔先に立たずです・・・。

このままあきらめるわけにはいかないので、ちょっと細かい字を読んで試行錯誤の結果、無事コマンドを打ち込むことができ、なんとかテザリングできるようになりました。

自分でも忘れてしまわないように、ドコモXperiaをMVNOでテザリングする方法のメモを残しておきます。(トライする人は自己責任でお願いします)

①下記サイトよりファイルをPCにダウンロード
http://www.mediafire.com/download/l177fhcu51x27km/whatsnew-disable.zip

②Xperia側の設定
設定ー開発者向けオプションーUSBデバッグON

③XperiaとPCをUSBで接続

④PCでダウンロートしたファイルのホルダ上でShiftキー+右クリック
「PowerShellウインドウをここに開く」を選択

⑤PowerShellウインドウに下記のコマンドを1行づつ入れる
「.¥adb shell」
「settings put global tether_dun_required 0」

これで終了。あとは「exit」でPowerShellウインドウを閉じる。

コマンドプロンプトとの違いは、⑤の「adb」の前に「.¥」を入れるということです。

スマホももうすぐsimフリーが普通になり、こんなことは滑稽な昔話になるのでしょうが・・・。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。