So-net無料ブログ作成

銀行の金利と手数料 [お金]

日銀がマイナス金利政策を始めてから1年余りが経過しました。他行へ振込しなければならなくなり銀行の窓口に行くと・・・金利の低さよりも手数料の高さを実感しまいた。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

知人から現金と請求書を預かって、銀行振込するよう頼まれました。

このような状況になると銀行の窓口に行って、手続きをしなければならなくなります。

普段は銀行の窓口に行く機会はほとんどなく、インターネットの時代、窓口はガラガラかと思いましたが、これが結構混んでいるのですね。

大手銀行の振込手数料は、ほぼ横並びで、他行あてのものでもだいたい400円程度かなと思っていましたが、なんと3万円以上の金額では、864円也。

いつからこんなに高くなったのでしょうか?

今回は振込先が2件あったので、1728円。

実際に払うとなると、ちょっとためらってしまう金額です・・・。

ところで、大手銀行の普通預金の金利は現在0.001%という数字です。

普通預金に1年間預けて、この手数料を金利で充当しようとするといったい、どのくらいの金額を預金しなければならないのでしょうか?

1年間の手取り金利は、0.001%から税金分20.315%くらいを差し引いた分となりますので、

1728円÷0.001%×(100-20.315%)=1728÷0.00079685=2,168,539円

2百万円以上の資金を1年間銀行に預けなければ、このたった2件分の振込手数料分をまかなえない、ということになります。

「庶民の銀行金利はマイナスにならない」と言われていますが、実質は、手数料を支払って銀行にお金を預かってもらっている、という状態ですね。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 2

majyo

金利のナント低い事、信じられないです
その割に手数利料が高い
税金も高いですね。減らなければ良いと考えているしかないです。
by majyo (2017-02-22 19:34) 

midlee

majyoさん
自然界では、だいたい高いところから低いところへ移動するということになっていますが、お金の世界は逆の流れですね。庶民のお金は姿の見えぬ利権者へ流れているのでしょう。
by midlee (2017-02-24 13:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0