So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

Windows10 1803へのアップデートができない事態! [パソコン]

2018年4月30日よりWindows10のアップデートが配信されています。これまでのアップデートでは問題なくできていたのですが、今回のアップデートでは、思わぬ問題が発生しました。

スポンサーリンク



つづきはココから↓

Windows10の設定メニューから「更新とセキュリティ」の「Windows Update」「更新プログラムのチェック」の流れでアップデートを開始します。

そして「更新の準備」を経て「ダウンロード」「インストール」の順に進んでいきますが、「インストール」の途中で、突然こんなメッセージが現れます。

「Realtek PCIE Card Readerの互換性がないためアンインストールしてください」と。

ここで「アンインストール」のボタンが出現しますが、それを押して待つと、「アンインストールできませんでした」「手動でアンインストールしてください」というメッセージ。

ここで、「インストール」作業は中断したまま先へ進めません。

コントロールパネルや検索で「Realtek PCIE Card Reader」を探してみても見当たりません。

つまり手動でアンインストールもできない状況です。何度繰り返しても同じ状況が続きます。

ネットで調べてみると、これと同じ現象が起こっているようで、いくつかの「解決策」が出てきますが、どれを試みても解決には至りませんでした。しかも難解。

無いものをアンインストールしろ、と言われてもどうすることもできません。

数日が経過して、あきらめかけていたところネットでこんな書き込みを発見しました。

OSが「RtsPStor.sys」という名のファイルの存在を確認すると「Realtek PCIE Card Reader」というアプリが存在するものと勘違いする、というものです。

そして、この存在しないアプリの互換性がないので、削除しないとWindows10のアップデートを行いません、ということなのです。

解決方法としては、
①「RtsPStor.sys」というファイルを探す
②見つかったら「RtsPStor.sys」というファイル名を変更する

という結論に至りました。ダメもとでやってみることに・・・

まずはファイル探し。検索を掛けても引っ掛かりません(検索の仕方が悪かったのでしょうか?)

「Realtek PCIE Card Reader」というプログラムが、カードリーダーのドライバーであることは判っていましたので、そのあたりから「手動で」探してみました。

Cトライブ→Windows→Drivers この中に「EXE」というホルダがありその中に「Memory Card Reader Writer Driver(Realtec)」というそれらしいフォルダを発見!

さらにその中に「DriverBin_32bit」と「DriverBin_64bit」がありそれぞれのフォルダに「RtsPStor.sys」がありました。(合計2つ)

さすがに「RtsPStor.sys」をいきなり「削除」するには抵抗がありましたので、削除せずファイル名の変更をしてみました。

具体的には「RtsPStor.sys」を「RtsPStor1.sys」と「1」を入れて変更してみました。

そして、Windowsアップデートを再度試みたところ、今度はすんなりとインストールすることができました!

念のためアップデート完了後に「RtsPStor1.sys」を元のファイル名「RtsPStor.sys」に戻しておきました。

今までなんの問題なくアップデートできてきたWin10ですが、ここにきて突然発生したトラブルで気をもみましたが、最終的にアップデートできたので、一安心です。

同様な現象が出ている方は、やってみる価値はあると思います。ただし、すべて自己責任でお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク







nice!(10)  コメント(1) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。